スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【これからの憲法劇を話し合う会】2011年3月26日議事録

【憲法劇を話し合う会】<12> 議事録

日時:11.3.26(土) 14:20~16:00
場所:かながわ県民センター 404会議室

出席:9名

●議題:憲法劇の今後をどうするか?
 ①これまでの3回のミニ公演の総括から、いま憲法劇ができることと課題を整理する。
 ②目標を設定し、その具体化に向けて必要なことを整理する。
 上記二つを考えることで、憲法劇の今後を検討した。

●話し合われた内容
 ①ミニ公演の個別の総括から、
・憲法劇が健在で、活動を続けていることを広報することができた。
・評価も、内容・芝居・音楽ともに高かった。
 一方で、
・参加者が不足している。
・台本、音楽等の担当者が不足している。
が課題であること、これを改善できなければ、現在の活動を継続していくことも困難であることを、確認した。また、3月のような歌主体の公演について、客の反応があまり見えてはいないが、悪くはないという感想あり。
 「今やっているのは憲法劇のわき道。本道(会場を使っての独自公演)に戻るべき」との意見から②の議論へ。
 ②「半年から1年をめどに準備を進め、小さな劇場を借りての独自の公演を開催する」ことを目標のたたき台として議論。参加者の多くは賛成。
「こうして憲法劇を続けていること自体すごいこと。小劇場でやるのもよい。ただ、時期についてはあせらないほうがよい」
「気持ちは同じだが、方向性がこれまでの議論の流れと違ってきているのではないか」
との意見あり。
 次回、さらに議論を続ける。

*東日本大震災について
 憲法劇としてこの震災をどう受け止めどう対応するか。憲法劇としてのスタンスで何らかの対応をすべきだと思います。被災地の方々への直接的な支援(金銭・物資?)のほか、私たちの身の周りに起きている事態への対応(お芝居で身の回りの人を元気づける)など?
 かなりの長期にわたると思われる復興期間の中で、状況を見極めながら、憲法劇としてできることを考えていきたいと思います。いかがでしょうか。

*次回 4月23日(土) 14:00~16:00
スポンサーサイト

【これからの憲法劇を話し合う会】2010年1月29日議事録

【憲法劇を話し合う会】<11> 議事録

日時:11.1.29(土) 16:30~17:00?
場所:かながわ県民センター会議室

出席:9名

●議題
 イベント出演総括

●話し合われた内容
 イベント出演総括
 ・憲法劇は健在だなと思った。こういうところに出ることが今後の足がかりになる。
 ・先生(当事者)が出てくれてよかった。今後続けていくことはなかなかむずかしい。
 ・参加者が多くてよかった。
 ・練習時間を設けるのが難しい。どうするか議論が必要。
 ・(撮影をしていて)会場の状況からカメラが動きにくかった。
 ・できてよかった。公演をやるから劇の質を保てる。
 ・今後どうするかの議論が必要。神奈川の弁護士は憲法劇をなくしてはいけないとの認識がある。
 ・新しい人を迎える環境にない。稽古時間が不足している。

【これからの憲法劇を話し合う会】2010年12月25日議事録

【憲法劇を話し合う会】<10> 議事録

日時:10.12.25(日) 16:30~19:00
場所:横浜合同法律事務所

出席:10名

●議題
1.学習会(臨時教職員制度問題)
2.イベント(1/29)関連
 ①台本検討
 ②役割分担
3.今後の運営

●話し合われた内容
1.学習会(臨時教職員制度問題)
 資料に沿って、制度の概要・問題点を学習。
 ・臨時教職員=①病気や出産育児の代替 ②正規教員の欠員代替
 ・地方公務員法22条を適用することによる矛盾(期間の上限6カ月)=劣悪な労働条件
 ・採用選考の基準が不透明=臨時教員の経験を積んでも正規になかなか採用されない。
 ・主な問題点=臨時教職員の労働条件が劣悪。雇用が不安定。これは、働く人にとって問題であると同時に、教育を受ける子どもたちにとっても問題となる。

2.イベント(1/29)関連
 ①台本検討
 たたき台をもとに議論。
 ・「臨時教職員の経験を尊重しない採用試験制度」「差別的な労働条件」「独白(訴え)」の3場面で構成。
 →議論を受けて、台本担当でやり取りしながら固める。1月10日前後に参加者に配信できるように作成する。
 ②役割分担

3.今後の運営
 ○少人数での公演をつづけるか?
  ・宣伝をしていく?  ・費用負担(イベント主催者にいくらか負担してもらう?・サポータークラブの積立金を使用するか?)
 ○恒常的な実行委員会を立ち上げるか?

・今のことで精いっぱい。SCのお金は使うべきではない。
・実行委員会は立ち上げるのがよい。費用は主催者にいくらかでも負担してもらうべき。
 シミカツのポストにチラシを入れるなどの宣伝をする。
・SCのお金は使ってもよい。費用負担はお願いするべき。
・少人数の公演は継続していきたい。この人数では実行委員会は立ち上げられない。現状を維持していくべき。費用負担はお願いする。
・現在の台本作成でお金をもらおうとは思っていない。期間をきって「この期間は無料で上演します」と宣伝するようなことも考える。

●次回予定・・・
日時:1月29日(土)16:00~18:00
場所:未定(県民サポートセンター?)

イベントに出演します!!

あけましておめでとうございます!!
みなさま新年はいかがお過ごしですか?

本年も、憲法劇を何卒ごひいきにm(__)m

さて・・・昨年より09憲法劇実行委員有志にてイベント出演による寸劇を行っていますが、

新年スタートの1月より、再びイベントへの出演を行います!


<イベント> 『臨時教職員制度の改善を求める 東日本ブロック集会in 神奈川』
<日付> 1月29日(土) 13:00から(15分程度の予定)
<場所> かながわ県民センター 301室
<内容の概略>
 最近、学校教育の現場に「臨時任用教職員(臨任教員)」という、不安定な立場の先生が増えていることをご存知ですか?
 この「臨任教員」は、正規に採用された教員と同じ仕事をこなしながら、6ヶ月未満ごとの契約更新、低い時給での労働、不自由な休暇、不満足な社会保障と、とても不遇で不安定な学校の先生です。
 こういった学校教育現場の状況を一般の皆様にもわかりやすくお伝えするべく、今回、イベントにて寸劇を披露することとなりました。

イベントについての詳しい内容はこちら(PDF形式)をご覧下さい。


お時間のある方、ご興味のある方、また特に現在臨時任用教職員の方、みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さいませ!!

【これからの憲法劇を話し合う会】2010年11月27日議事録

【憲法劇を話し合う会】<9> 議事録

日時:10.11.27(日) 16:20?18:00
場所:横浜合同法律事務所

出席:10名

●議題
1.イベント(11/23年金学校)出演 総括(反省会)
2.今後の憲法劇=イベント第2弾「非正規教員問題」集会

○DVD鑑賞
 昨年3月京都で開催された市民ミュージカル「時間旅行はいかが」のDVDを鑑賞。
(地元テレビの報道部分のみ)

●話し合われた内容
1 イベント出演総括
 ・ちゃんと芝居になった。音楽が入ったのはとてもよかった。
 ・やっぱりすごいと思った。出演者が5人しかなくても、全員がそろわないのが課題。
  台本わかりやすかった。
 ・音楽、ぶっつけ本番はだめ。何度もやっているうちに演出の意図がつかめる。通し稽古できたのはよかった。
 ・みんなでやれてよかった。
 ・音楽演奏のレベル高かった。通し稽古は重要。できてよかった。せめてもう一日全員がそろう日がほしかった。人的な余裕を作る必要がある。
 ・今までもぎりぎりすぎて、ふたを開けないとわからないという状況だった。悪いところだ。
 ・憲法劇って小回りがきくんだと思った。このやり方でやっていってよいのでは。
 ・台本がよかった。歌の時は若い人が出ていてほしいと思った。
 ・脚本と演技がすばらしかった。小回りがきくことがアピールできた。基本的な練習をする場を確保すべき。

○基本練習をどうするか
 =月1回の例会以外に集まりを増やすのは難しい。また、月1回程度の練習では演劇や歌の技術の上達は無理。スタンダードの練習程度であればできるか。
 →要検討

2 非正規教員問題イベント出演
○スケジュール
12/25 箱書き完成・例会で確認。
1/  稽古3?4回(日程未定)
  29 本番

・日程:1/29(土)
・場所:かながわ県民センター(会議室)
・内容:「臨時教職員制度の改善を求める東日本ブロック集会inかながわ」

○台本検討
 今回全体で学習・検討する時間が少ない。
 →12/12事務局(台本検討予定)を拡大事務局として、メンバー以外でも可能な人は出席して、議論に参加する。
・拡大事務局会議
 12/12(日)14:30?16:30
 横浜合同法律事務所

●次回予定・・・
日時:12月25日(土)16:00?18:00
場所:横浜合同法律事務所

イベント参加

【イベント参加のお知らせ!】

憲法劇の小編成で、イベント内にて寸劇を行います。

2010年11月23日(火・祝日)13時?17時(予定)
「かながわ年金学校」(於・建設プラザかながわ)

地図はこちら

この中で15分ほど出演します。

※予定している内容は・・・
3号被保険者(長すぎる払込期間)
自営業者(低すぎる年金額)
事故で働けなくなった職人(年金制度問題の本質)



新着エントリ
コンテンツ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アーカイブ
アクセスカウンタ
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。