スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【これからの憲法劇を話し合う会】2011年6月25日議事録

【憲法劇を話し合う会】<13> 議事録

日時:11.6.25(土) 17:00~19:00
場所:横浜合同法律事務所 会議室

出席:6名

●議題:憲法劇の今後をどうするか?
 「自主公演」が目標であるものの具体化が見通せない中、司会者から今後の進め方に提案をし、それにたたき台にして話し合うことにした。

●話し合われた内容
<司会者提案>(今後の活動について)
①「自主公演」は目標として、積極的な具体化は当面しない。
②「市民」「横浜」をキーワードにした護憲・活憲のとりくみを実施していく。
③とりくみはできるだけオリジナリティのある(既存の組織はやらないような)ものを考える。
 ・参加者が楽しめて、周りの人も参加したくなるようなものに。
 ・過去の参加者、サポーターには活動の報告をメールで送り、参加を促す。
④とりくみの中で、芝居の要素を取り入れられる場面があれば(イベントなど)、できる限り取り組んでいく。
⑤芝居のスキルをアップするため、歌やダンスなどの練習に確実に取り組む。

・自主公演の時期を具体的に決め、それに向かって動くほうがよい。
・そのためには、赤字を出さないような算段を前もって講じなければだめ。
 提案の方向で行きたい。たとえば平和に関するエンタテインメントのコンテストをやってはどうか。
・提案のような活動を積み重ねていっても、芝居の公演にはつながっていかない。
・自分は劇をやりたくてこの場に来ている。
・具体的な目標が立たなければ、演出家たちを動かせない。

◎自主公演を目標にしたとき、「実行委員会や参加者を増やして体制を整えてから自主公演に取り組む」やり方と「先に自主公演の日程を決めて、そこに向かって準備を進める」やり方の二通りが考えられる。
 提案は前者だが、この日の議論では、後者がよいとの意見が多数を占めた。

*次回 7月23日(土) 16:00~18:00
(→7月は中止。8月末予定の会が9月10日になりました)
新着エントリ
コンテンツ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アーカイブ
アクセスカウンタ
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。