スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【これからの憲法劇を話し合う会】2011年10月22日議事録

【憲法劇を話し合う会】<16> 議事録

日時:11.10.22(土) 16:00~18:00
場所:かながわ県民活動サポートセンター401会議室

出席:成田(秀)・岡安・小島・不破・露木(・鈴木=交流会のみ)
司会・記録:朝日

●報告
・新メンバー2名
・10/7 事務局(上崎・小出・岩橋・朝日)
・10/9 「月桃の花歌舞団」との交流(小島・岡安・朝日)
 参加者の感想・意見=いろいろな話が聞けて良かった。11月の公演も見たい。若者を集めるには、楽しく参加できる「場」をつくることと、彼らが今おかれている「環境(時間・経済にゆとりがない)」に配慮することが必要。歌舞団は年間を通して活動しているのがよい。
→若者を集めること=金銭的な負担を軽くすることを考える。
 年間をとおした活動=実行委員会を恒常化。劇団にすることも考える。

●前回までの議論
・来年11月に「原発問題」をテーマにした自主公演を実施することで一致。
・「どんな芝居をどうやってつくっていくか」について、意見を出し合った。

●今回の議論
「12年11月の自主公演に向けて」
①内 容
司会:11月に2回会議を持ち、内容についてのおおよその方向性を固めたい。
朝日案を提案。
・いま見てほしいのは憲法を知らない、関心のない人。憲法への入り口になるようなメッセージを伝えたい。子どもにもわかるもの。条文が出てこなくてもよい(憲法の考え方が伝わればよい)。たとえば、福島の小学生を主人公に。学校や家庭で楽しく(あるいは悩みを抱えて)暮らす子どもの生活が震災・原発事故でどう変わったか、というような設定。
・芝居を見た人が次にどうすればよいか、芝居とは別の仕掛けをつくって案内する。(調べたことを展示する。別に学習の場をつくるなど)
・芝居づくり(台本・演出・音楽)は、基本的に自分たちで進める。いま必要なのは、一人ひとりの「自分たちで芝居をつくる」という強い意志ではないか。それが熱気をつくりイベントの成功につながるはず。逆に意志が固まらず、人頼みでいては成功しない。(専門家に入ってもらうならアドバイザーとしてか)

○表現は、憲法を直接的に伝えるものでなく、やわらかなものでよい。
参考:柚木ミサトのイラスト(「あかいつぶつぶの絵」http://www.mikanblog.com/)のイメージ
○お金を取ってやるのに、全部素人では無理。でも、例えば500円くらいならそれでもよい。
○客は1時間を超えると飽きる。芝居1時間と講演・歌などのイベントをしてはどうか。

→歌を入れると、ある程度まとまった内容を伝えるには1時間では足りないのでは? 1時間半から2時間までか。
○心配なのは演出。芝居としておもしろくつくれるか。

②公演までの道筋
・3月までのスケジュールを大筋で確認(下のスケジュール参照)
司会:3月11日に向けて原発関連の取り組みが活発になる。その実行委員会などにできる限りアプローチして参加を呼びかけたい。

○スケジュール
10月
 ・台本・音楽他制作部門依頼(~年内)
 ・新規実行委参加よびかけ開始
 ・内容集中討議(22・11/3・26日?)
11月
 ・実行委員会立ち上げ(3日?)
 ・会場予約
12月
 ・サポータークラブへの説明・呼びかけ
 ・過去の参加者への説明会・呼びかけ
1月
 ・台本作成のための学習・取材開始
 ・実行委の役割分担・各部活動開始
2月
 ・参加者集中スカウト(3・11に向けて)
3月
 ・学習・取材の集中取り組み期間(春休み利用)
 ・台本の骨子(箱書き)作成

*次回 11月3日(木・祝) 16:00~18:00 会場未定
→予定。決定次第、連絡します。
新着エントリ
コンテンツ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アーカイブ
アクセスカウンタ
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。